日記・コラム・つぶやき

第12回ラテンビート映画祭 2015

今年もやってまいりました!

ラテンビート映画祭!!!!

今回で第12回目となります。

公式HPはこちら (8/12現在ではトップページのみですが・・・)

気になる日程はこちら

2015年10月8日(木)~12日(月・祝) 東京都 新宿バルト9
2015年10月23日(金)~25日(日) 大阪府 梅田ブルク7
2015年10月31日(土)~11月3日(火・祝) 神奈川県 横浜ブルク13

2015

昨年はスケジュールが合わず断念したラテンビート映画祭。
僕の好きな映画祭ベスト3に入るだけに、今年は参加したいです。やっぱりスケジュールはタイトで厳しそうなのですが・・・。

注目の作品ですが何作品か告知されていますのでご紹介。

『エイゼンシュタイン・イン・グアナファト』

『選ばれし少女たち』(原題:Las Elegidas)

『Wolfpack』

今回は音楽ネタの映画はないのかな???

関連記事→第11回ラテンビート映画祭  

にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)

人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!

tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/

noteはこちら!→https://note.mu/kopenta

twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta

cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/

cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon

cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/


●お知らせ

美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。

お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ

またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スターウォーズ展 未来へ続く 創造のビジョン』 に行ってきた!

先日、東京でのセミナーの帰りに、




六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーで開催中の


『スターウォーズ展 未来へ続く 創造のビジョン』


に行ってきました!




このポスター見ただけでテンションあがります!






六本木ヒルズ内でもスターウォーズ展にちなんだ展示がされていたり、スターウォーズキャラクターがデザインされているグッズが販売されていたりと盛り上がっています。



(ショップは時間がなく見て周れなかったのですが・・・)





いざ入場!




巨大ダースベイダー卿のタペストリーがお出迎え!






そしてベイダー卿が目の前にいるではないですか!






そして天井からは、デススターが!






これは第2デススターですな。




それにしてもリアルすぎる・・・






全体はこんな感じです。。。






よこからベイダー卿を眺める・・・




「後で戦いますぞ、ジェダイの1人として・・・」と心でつぶやき(後々わかりますw)




撮影OKの入場口を後にしました・・・





今回の展覧会は、6つのテーマにわかれていました


「スター・ウォーズの原点」




ジョージ・ルーカスがスターウォーズを作成するにあたり影響を受けた作品やテーマが紹介されています。スターウォーズ好きな方はご存じでも、ここを知ってから映画を観るとまた違うすごく大事な部分。




「フォースの光と闇」




スターウォーズでもっとも重要なフォースの光と影のブース。




勇敢で偉大なジェダイと、その正反対のシスの主なキャラクターの紹介やそれぞれのライトセーバーが勢ぞろいしている。




ジェダイ・コード


感情ではなく、平和がある


無知ではなく、知恵がある


情熱ではなく、平穏がある


混乱ではなく、調和がある


死ではなく、フォースがある




「戦いと平気」




このブースは素直にたくさんの戦いで登場した精巧なフィギュアが展示されていて、もう感激しました。


このデティールの細かさもスターウォーズの素晴らしい1つ。






「サーガと運命の肖像」




ここは肖像画と衣装を紹介。


特に肖像画は、個々の作品のとらえ方がとても面白かった。




「銀河と生態系」




それぞれの星の特徴とそこに生息する生態を細かく紹介。




タスケン・レイダーは想像より大きいんだ・・・




「ドロイドが見たサーガ」






最後にドロイドのブース。




C3POとR2D2の歴代の活躍シーンを一気に観ると、ルーカスが本当に好きなキャラだったんだなと思うと同時に、ドロイドが活躍するシーンが一番ホッとするのもスターウォーズのおもしろいところかなと感じました。




総合的にいうと、とにかく細かいので時間をかけて観ることおすすめします。




あと印象に残ったのが、




例えばカップルで彼が作品のマニアックな話を彼女しているシーンをちょくちょく見かけたのですが、ちゃんと彼女がそれに真剣に聞いて理解しようとしていたこと。普通マニアックすぎると少し嫌だったりすのかなと思っていたのですが、どのカップルも楽しそうに真剣に話していてビックリでした。




また3歳くらい小さなお子さんづれの親子さんでは、お子さんがキャラクターを見るたびに、そのキャラの有名なセリフを大きな声で叫んでいました。


どんだけ英才教育してるんだwww








東京タワーを見つつ、最終決戦に挑みます!














屋上で、ダースベイダーと戦えます!






暗黒面には落ちなかったはずです・・・




スターウォーズファンの方はもちろん、12月公開の新作観る前に事前復讐としてもかなりおすすめの展覧会です。




『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』

日程:4月29日(水・祝)~6月28日(日)10時~22時(最終入場:21:30)※会期中無休 
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、森美術館への入場も可
※屋上 スカイデッキは別途 500円
スター・ウォーズ展の会期中、フォトロケーションの設置あり(11:00~22:00※最終入場21:30荒天時クローズ)





今回特設ショップで購入してきた数々はこちら・・・




C3POのアートデリ





今回のなかでも個人的にヒットだったのがこちら。




スケッチブック。2冊購入。





ピンバッチ。


ストーム・トルーパーならジャケットにもできそう!





ポストカードは2枚。






ここからはおまけで購入。




ネットで話題になっていた『スターウォーズ学習帳』




リーダーも日々猛勉強です




「もっとしれい」








伝説をここに記録しよう




「きろく」






日々の会話は大切です




「うちあわせ」






ぶーん!ぶーん!しゅばばばーん!!




「のりもの」






外の空気はおいしいです




「しゅっちょう」






熱い想いを伝えたい




「う゛ぉおおォ~」





にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)





人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!





tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/





noteはこちら!→https://note.mu/kopenta





twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta



cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/



cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon



cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/



●お知らせ



美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。



お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ



またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

AppleWatchキター!

ついに

ついに

ついに、

あいつが

届きました!




予約していたAppleWatch

開封してみます!




やはりAppleらしいデザインです。




おおお!私は42mmステンレススティールを選びました!
カッコ良いかも!




早速電源入れてみます。
もちろん説明書はないので、いきなり設定チャレンジです。




まずは日本語を選択




そしてiPhoneとAppleWatchのペアリングです。
ここからはiPhoneで作業します。
iPhoneのカメラにAppleWatchの画面をよみこませます。




同期まで時間かかりますが、あとは何もしなくてOK!




設定後にナイキのアプリをiPhoneにダウンロード。今まではiPhone5のほうでナイキのアプリをランで使用していましたが、今日を境にiPhone6plus機で使用することに決めていました。
ダウンロードした瞬間に、AppleWatchに同期されていました。素晴らしい!




さてこれからどう使いこなしていきましょうか。
とりあえず昼食でずっと座っていたら、AppleWatchに「立ち上がりましょう!」と忠告されましたw

スマホに電話くるとAppleWatchも同時に鳴って少しビビりましたが(;´Д`A

まずは腕時計として慣れることかなw

おもしろい使い方見つけたらまたご紹介しようと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)





人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!





tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/





noteはこちら!→https://note.mu/kopenta





twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta



cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/



cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon



cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/



●お知らせ



美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。



お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ



またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジル映画祭2015 その3

たらふくアルコールと食事堪能してユーロスペースに戻り、

本日最後の上映作品、『悩めるジアンのバラード』を観賞です。




公式HPより
リオの富裕層の家庭を舞台に、過保護な両親から逃れようと揺れる高校生の少年を描いたドラマ。エリート一家に生まれたジアンは何不自由なく育つが、父母が事業に失敗。ジアンはそのことを知らないまま恋や受験に没頭、青春を謳歌していたが、次第に暮らし向きの変化を実感するようになる。やがてジアンは、これまで自分を取り囲んでいた世界だけが世の中のすべてではないことを知る…。リアリティのある会話や自然な雰囲気の中で、富裕層と貧困層との隔たりといったブラジルの社会的な背景を浮かび上がらせている。サンパウロ国際映画祭をはじめ国内外の様々な映画祭で広く注目を集めた。










おもしろそうなテーマだと思っていたが、大正解!
富裕層の少年、主人公ジアンの揺れ動く思春期ならではの描写。
大衆音楽や文化、人種差別などもわかりやすく非常に引き込まされた。
ヒロインの女の子がまた可愛かったなあw
受験会場を離脱して、今までお世話になった、わだかまりがあった運転手してくれていたボーイに逢いに行き、パゴーチのシーンは音楽興味ある身としては良かった。
あのラストは個人的には好きな終わり方。

2011年のブラジル映画祭での
『あの日の幸せ』以来、とても印象に残る作品でした。

ブラジル映画祭2015記念Tシャツを買ったのは言うまでもありませんwww





↓歴代ブラジル映画祭で上映された作品たち





















にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)





人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!





tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/





noteはこちら!→https://note.mu/kopenta





twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta



cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/



cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon



cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/



●お知らせ



美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。



お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ



またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。


| | トラックバック (0)

ブラジル映画祭2015 その2






続いて、『リオデジャネイロ、魔法にかけられた街』







公式HPより
リオ・デ・ジャネイロの山間部にあるアウト・ダ・ボア・ヴィスタの中でも、とりわけ豊かな自然が残るヴァーリ・エンカンタード(魅惑的な谷)と名づけられた地域。現在開発が進められ、何世代にもわたりこの地で生活を営んできたコミュニティが、今、消滅の危機にさらされている。この危機を多くの人に知ってもらおうと、2012年より音楽祭「フェスティヴァル・エンカンタード」が始まった。国際俳優としても活躍する歌手セウ・ジョルジや、ブラジルを代表するHipHopアーティストのひとり、クリオーロなど、フェスの趣旨に賛同したミュージシャンが集結。昔からの暮らし、培ってきた文化、この地でずっと暮らしてきた人々へのリスペクトを訴えていく。



こういう運動というか問題は、なかなか伝わりづらいのが現実だったりするのだけど、
人種や社会的背景が違っても1つになれるのが音楽の素晴らしいところだと改めて感じました。

実はセウ・ジョルジを楽しみにしていた作品ではあったのですが、今回は完全にクリオーロがメッセージ性ともリンクして良かったです!

彼のアルバムは今まで購入するタイミングがなくて持ってないので、じっくり聴いてみたいと感じました。

ここで一旦次の作品まで時間があるので、近くのバルに行って軽く飲み食いを。






ワイン大盛りすぎだろ!(;´Д`A

次の映画寝ないか心配になってきたw

その3に続く…




にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)





人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!





tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/





noteはこちら!→https://note.mu/kopenta





twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta



cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/



cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon



cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/



●お知らせ



美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。



お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ



またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジル映画祭2015 その1

昨日は渋谷のユーロスペースにて開催中の

ブラジル映画祭2015

に行ってきました!

休みでしたが午前中は結局仕事に追われ、夕方に渋谷到着




久しぶりのユーロスペース。
1階のフードコーナーなくなっていたの知りませんでした。

17:30からの

粋な男






リオデジャネイロ、魔法にかけられた街





を予約してちょっと街に戻り休憩w



昨年は開催されなかったブラジル映画祭、2015年もたくさん魅力的な作品ありますが、スケジュール的に今日しかなかったので、

目標は、『寝ないこと』w

一昨年の『エリス・レジーナ』は終始寝てしまい、10分位しか記憶になかったので。(ずいぶん前のラテンビート映画祭でのヴィニシウスでも爆睡事件あり、その後ブラジル映画祭で再上映してくれたのでじっくり観ましたがw)

どうしても音楽ジャンルが睡眠の危険性あるので、実は今回のこの2作品は大丈夫か不安でした。

まずは、『粋な男』





公式HPより
「彼こそ本物のサンバ」とレシ・ブランダォンが語るサンビスタ、セルジーニョ・ベーアガー。 赤いリボンで飾られた真っ白のパナマ帽は、本物のサンビスタにしか似合わない。

自分が改めて聴くブラジル音楽は、時間の関係もあって大御所のアルバムがどうしても多くなってしまいがち。最近はなかなかサンバをじっくり聴く機会もなかったのでとても勉強にもなった。
ただ17分は短すぎる。セルジーニョ・ベーアガーの魅力もほんの少しだけしか伝わらないかも。

なので、彼のアルバム買いました!じっくり聴き込みたいです!




その2に続く

にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)





人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!





tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/





noteはこちら!→https://note.mu/kopenta





twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta



cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/



cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon



cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/



●お知らせ



美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。



お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ



またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口小夜子展 未来を着る人

先日4/24(金)に東京都現代美術館で開催中の



山口小夜子展 未来を着る人



を観てきました。





Image4_3









非常に楽しみにしていた展覧会でしたので、前日徹夜で仕事しましたが眠気も吹き飛ぶ期待を胸に乗り込みました!





Image1





しぶりに東京都現代美術館にきました。何時ぶりだろう?



自分的には何度も足を運んで楽しんだ『トロピカリア展』が印象に残っている美術館です。



東京都現代美術館HPより
神秘的な東洋の美を体現するトップ・モデルとして、世界のモードを席巻した後も、「着ること」をテーマに異なるジャンルを横断するクリエーター、パフォーマーとして活躍した山口小夜子。 晩年には若い世代のアーティストたちとのコラボレーションを行い、最後まで時代の最先端を走り続けた彼女の軌跡が、2 0 1 5 年春、展覧会としてよみがえります。

生西康典+掛川康典「H.I.S Landscape」(「六本木クロッシング」出品作品、森美術館)2004年

1970年代初頭より、アジア人初のトップ・モデルとして世界を舞台に一世を風靡するとともに、国内に向けても日本女性の新たな美を提示した山口小夜子。 彼女が晩年の数年間、若い世代の表現者たちと、ファッション、音楽、映像、演劇、朗読、パフォーマンス、ダンスなどが混在する実験的な試みを行っていたことは、これまで十分に紹介されてきませんでした。 本展覧会は、彼女の生涯を振り返りつつ、常に時代の先端を走り続けたその遺伝子を未来へと渡すものです。 その軌跡を通して、世界を視野に独自性を形成していった70年代以降の日本文化の、極めて重要な一断面が明らかになるはずです。

本展はふたつの要素が入り組んだものとなります。 ひとつは、コラボレーションを通じて、世代やジャンル、東洋と西洋、オーバー・グラウンドとアンダー・グラウンドなど、異なるものを繋ぎSAYOKOというひとつのジャンルを打ち立てたと言うべき山口小夜子の軌跡を、アーカイヴとともに辿るものです。

もうひとつは、宇川直宏、山川冬樹、生西康典、掛川康典、エキソニモという、彼女の身辺で活動した後、現在のシーンにおいて大きな影響力を持つ先端的な表現者たちが、小夜子に捧げる新作インスタレーションです。 また、小夜子の急逝の直前に、新聞紙上で往復書簡を予定していた森村泰昌も、彼女に捧げる新作を出品します。 小夜子自ら自由にリメイクし愛着を伝える旧蔵の服など、「ウェアリスト(着る人)」と名乗った彼女の美意識も存分に紹介します。 小夜子の声、姿、気配が充満する空間で、彼女の未だ終わらない物語を体感してください。



これを読むだけでワクワクしてしまいます。



前もこのブログで書いたと思うのですが、自分はみじかに小夜子さんやセルジュ・ルタンスを感じながら育ちました。それもすべて資生堂のおかげなのですが。





とにかく内容が濃い展覧会になっています。

資生堂時代(ベネフィークやリバイタルのイメージモデルと、セルジュ・ルタンスとのインウイ作品)は今までも沢山資料集めましたし、自分の家業が化粧品専門店ですので元々触れて育ってきました。



興味深かったのは、モデルとしてデビューしたころのポートレート。



小夜子さんというとクールでオリエンタルなイメージというのが一般的ですが、とにかく可愛いのです。完璧美の小夜子さんの成長過程が時系列で見れたのは本当に新鮮でした。



そしてモデルから一歩身を引いた時からのクリエーティブな活躍の数々。



数回舞台を観たことあるのですが、当時の自分にとっては、緊張しすぎて、パワーがすごくて、頭の中で整理ができないことが多かった。少しはじっくり解釈を整理できる年齢になったのか、「今だったら生で観戦したらどう感じたのだろう?」とふと思ってしまった。



観に行っていただければわかるのですが、小夜子さんとコラボレーションした方々のメンバーがまた恐ろしいくらい強力なんです。



モデル時代の当時日本人デザイナーの三宅一斉やKENZOや、のちにKOSHINO JUNKOもとにかく名だたるデザイナーの先駆者たち(もちろん海外メゾンも)




宇川直宏、山川冬樹、生西康典、掛川康典、エキソニモ、森村泰昌と名前聞いただけでクラクラしそうなコラボレーションの数々。



VTRで資生堂の富川先生が「小夜子と食事などのプライベートなどの関係はあえてなく、作品に対しての戦いをいつも彼女から挑まれていたような気がする」とおっしゃっていたのが印象的でした。





セルジュ・ルタンスとの作品づくりも相当な緊張感だったんだろうなと。



寺山修司の作品はものすごく長編、あれだけでもじっくり観たい。

ここからは撮影OKの部屋の作品の数々です。







Image2





Image3





Image1_1





Image2_1





Image3_1





Image1_2





Image2_2





Image3_2





Image1_3





Image2_3





Image3_3





Image1_4_2



Image2_4_2
































続きを読む "山口小夜子展 未来を着る人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOSSA AOYAMA 2014

気づけば今年もやってきました!

BOSSA AOYAMA

東京メトロ外苑前駅周辺の教会や店舗など施設をライブ会場に見立て、ブラジル音楽・ボサノヴァの無料ライブやワークショップ、トークショーなどを行うイベントです。

今年で第7回目を迎えます。1回目はボサノヴァ生誕50周年、ブラジル移民100周年の記念の年の2008年にスタートしました。

少しだけですが以前のまだ残っていたデータから…

bossa2008.jpg
(2008年のポスター、なつかしい!)

Image_11
2008年はオリジナルTシャツが写真のグリーンとイエローのブラジルカラーの2色が販売され、もちろん購入。今でも頑張って着ていますw

Dsc01736_2
(こちらは2009年の青山通りのフラッグ)

Dsc01737
Dsc01741

Dsc_0219
2010年は菊池成孔×伊藤ゴロ―の『ゲッツ/ジルベルトを語る』というおもしろいトークショーがあったり・・・

そんな歴史のあるBOOSA AOYAMAですが、

2014年は10/24~26開催予定です!

Bossaaoyama2014

現段階で決まっている出演アーティスト

10/24(金)
行川さをり&越田太郎丸

10/25(土)
伊藤ゴロ― → naomi&goro に変更になりました!(10/3更新)
トニー・フレイタス
リオ
フェリアード
Saude Auditiva
吉野幸子

10/26(日)
Chie Umezawa
木村純 with Andy Suzuki
メヲコラソン
行川さをり
Bala com Bala Gennoshin/Marcelo
Silvio/Gustavo/Alexandre
露木達也
マルキーニョス・ロペス

他にも毎回恒例のゴロ―さんのギターのワークショップなども開催されます(こちらは予約制)

フリーライブぜひ楽しもう!オイラはたぶん行けないですが・・・

昨年のBOSSA AOYAMA 2013から
↓↓↓↓↓

そしておまけ映像 


Broadcast live streaming video on Ustream
やっぱりこの2人のトークは笑えるwww

関連記事

BOSSA AOYAMA 201110/23 その2 MINASWING QUARTET WITH SPECIAL GUESTS(2011/10/29)

BOSSA AOYAMA 2011 10/23 その1 伊藤ゴロー&菊地成孔トークショー(2011/10/24)

BOSSA AOYAMA 2011(2011/10/22)

BOSSA AOYAMA 2009観戦 (2009/10/16)

BOSSA AOYAMA 2009(2009/9/5)

日伯交流年認定イベント BOSSA2008(2008/10/8)

にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)

人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!

tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/

noteはこちら!→https://note.mu/kopenta

twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta

cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/

cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon

cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/

●お知らせ

美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。

お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ

またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。

続きを読む "BOSSA AOYAMA 2014"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第9回UNHCR難民映画祭

多くの映画祭が開催される中、毎年欠かさず参加できている映画祭の一つが

UNHCR難民映画祭

今年で第9回になります。

9

このブログでも何度も紹介していますが、この映画祭の趣旨をご案内します。

紛争、迫害、人権侵害によって家を追われ保護を求める人の数は増え続け、2013年末時点で第二次世界大戦後、初めて5100万人に上りました。 UNHCR難民映画祭は世界中から集められた様々なドラマやドキュメンタリー作品を通じて、人々の恐怖や絶望、喪失感、また一方では希望と勇気、活力と成功のストーリーを紹介することで難民、国内避難民、無国籍者の置かれた状況について理解を深めていただくことを目的としています。
(2014年UNHCR難民映画祭ホームページより抜粋)

東京会場は10/4、10/11~19

イタリア文化会館、セルバンテス文化センター東京、明治大学和泉キャンパス 図書館/ホール、グローバルフェスタ JAPAN 2014の各会場で上映予定です。

また北海道(札幌)10/12、兵庫県(西宮)10/25・26

詳しくは公式ホームページご覧ください→こちら

自分も今回は週末休みをとって鑑賞に行く予定です。

難民映画祭関連記事→第8回UNHCR難民映画祭(2013年10月1日)

               第6回UNHCR難民映画祭(2011年10月1日)

               難民問題を考える

               難民映画祭行ってきました!

今回の映画祭をきっかけに難民問題にも関心をもってみませんか?

*********************************

(RTキャンペーン:みんなで行こう#難民映画祭!】

#難民映画祭 ツイートをリツイートして難民映画祭をみんなに広めよう!

リツイートしてくれた方の中から抽選でUNHCRエコバックをプレゼントいたします。

RT(リツイート)が増えれば当選のチャンスがアップ!


RT500で5名様

RT1000で10名様

RT1500を超えたら15名様にプレゼント!

*********************************

にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)

人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!

tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/

noteはこちら!→https://note.mu/kopenta

twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta

cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/

cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon

cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/

●お知らせ

美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。

お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ

またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11回ラテンビート映画祭

今年も開催します。ラテンビート映画祭!

今回で11回目の開催です。

スペインやラテンアメリカの映画が一同に楽しめる映画祭!

ヴィニシウス・ヂ・モライスの映画「ヴィニシウス 愛とボサノヴァの日々」を最初に上映したのはこのラテンビート映画祭。(数年後ブラジル映画祭でも上映しました)ブラジル音楽関連も多数上映しています。

東京会場は毎度おなじみの新宿バルト9。
10/9~13です。

自分はスケジュールがタイトで行けるかまだ微妙なのですが、スケジュール大丈夫な方はぜひご参加ください。

関連記事

ラテンビート映画祭2012その1 トロピカリア Tropicalia

第7回 ラテンビート映画祭 (猟奇的な家族)

第7回 ラテンビート映画祭 (TETRO)

公式サイト→こちら

公式スポンサー
MINISTERIO DE EDUCACIÓN, CULTURA Y DEPORTES DE ESPAÑA / EMBAJADA DE ESPAÑA

MEXICO TOURISM / コロンビア貿易振興機構 / AIR FRANCE / AEROMEXICO / 在日コロンビア大使館

SECRETARIA DE RELACIONES EXTERIORES DE MÉXICO / IDB CULTURAL CENTER

協賛

ホテルサンルートプラザ新宿 / FREIXENET / 代官山蔦屋書店 / H.P.FRANCE/IPC

後援

駐日ブラジル大使館 / セルバンテス文化センター東京

にほんブログ村 音楽ブログ ボサノバ・ブラジル音楽へhappy01 ランキングに参加しています。どちらかを一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)

人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!

tumblrはこちら!→http://kopenta.tumblr.com/

noteはこちら!→https://note.mu/kopenta

twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta

cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/

cosme salon 新場+ミニヨンのfacebookページ→ http://www.facebook.com/simbamignon

cosme salon 新場+ミニヨンスタッフブログ→http://ameblo.jp/simba-mignon/

●お知らせ

美容に関しての仕事の取材や講演、メイクイベントの依頼が増えてきました。ありがとうございます。

お問い合わせは、ツイッターでもお受けしています→ @kopentaにダイレクトメッセージ

またはcosme salon 新場+ミニヨン(TEL 0479-25-2619)にご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Adriana Calcanhoto 関連 | Antonio Carlos Jobim 関連 | Ary Barroso 関連 | Astrud Gilberto 関連 | Baden Powell 関連 | Bebel Gilberto 関連 | Bossacucanova 関連 | Caetano Veloso 関連 | Carlos Lyra 関連 | Chico Buarque 関連 | Dick Farney 関連 | Dorival Caymmi 関連 | Edu Lobo 関連 | Elis Regina 関連 | Fernanda Takai 関連 | Gal Costa 関連 | Geraldo Vandré関連 | Gilberto Gil 関連 | Ivan Lins 関連 | johnny alf 関連 | Jorge Ben 関連 | Joyce 関連 | João Donato 関連 | João Gilberto 関連 | Karen関連 | Lucio Alves 関連 | Luiz Bonfá 関連 | Marcos Valle 関連 | Maria Bethânia 関連 | Maria Gadú 関連 | Maria Rita 関連 | Marisa Monte 関連 | Mart'nalia 関連 | Maysa 関連 | Milton Nascimento 関連 | MPB4 関連 | naomi & goro 関連 | Nara Leão 関連 | Noel Rose 関連 | Novos Baianos 関連 | Os Cariocas 関連 | Paulinho da Viola関連 | Pixinguinha 関連 | Quarteto em Cy 関連 | Rita Lee関連 | Roberta Sá 関連 | Roberto Carlos関連 | Roberto Menescal 関連 | Rosa Passos 関連 | Seu Jorge 関連 | Sylvia Telles 関連 | Sérgio Mendes 関連 | Tamba Trio 関連 | Toquinho 関連 | Vanessa da Mata 関連 | Vinicius de Moraes 関連 | アニメ・コミック | グルメ・クッキング | スポーツ | ブラジルネタ | ペット | ボサノヴァ・サンバ・MPB(A~E) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(F~J) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(K~O) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(P~T) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(U~Z) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(その他) | ボサノヴァ(Chega de Saudadeについて) | 中村 善郎 関連 | 小野リサ 関連 | 山本 のりこ 関連 | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 美容・コスメ | 臼田 道成 関連 | 趣味 | 音楽(その他)