Luiz Bonfá 関連

もっとルイス・ボンファ

よく日本はボサ天国と言われます。

世界で一番ボサノヴァのコンピアルバムが発売している国でしょう。(ただほとんどが毎回変わらない選曲です購入する価値があるかというと疑問ですが)

ジョアン、ジョビンなどの巨匠定番曲やセルメン、アストラッドのヒットメドレー、ナラやガルのミューズの歌声、バーデンやメネスカルなどなど・・・好きな方は多いと思います。

でも忘れていませんか・・・

そう、ルイス・ボンファ

「カーニヴァルの朝(黒いオルフェ)」の作曲者としては超有名ですが、

彼の魅力はなんといってもギターテクニックです。

Bossa Nova Luiz Bonfá: Menina Flor - Batucada - A Day in the Life of a Fool

クラシック出身ということもあり確かなテクニックとジョアン・ジルベルトやバーデン・パウエル、トッキーニョ達のブラジルギター名手とも明らかに違う気品があります。

アメリカに渡ってから12弦ギターやエレキギターなんかもプレイもあるんです。

「だって・・・」という方は、たぶんスタン・ゲッツとのアルバムのイメージが強いのかもしれませんね。そのイメージは捨てましょう(笑)

ぜひもっとルイス・ボンファ聴いてみよう!

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへhappy01 ランキングに参加しています。一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへhappy02 こちらもぽちりとお願いします!

「cosme salon 新場+ミニヨン」 ホームページもチェック!→ http://simba-mignon.jp/

            携帯の方はモバイルblogをチェック!→ http://simba-mignon.jp/m/

twitterのつぶやきログをブログ風に「Twilog」でチェック!→ http://twilog.org/kopenta

    昼食と一言ブログ「タンコのわりばし日記」もチェック!→ http://blogs.yahoo.co.jp/lupin3_nishi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画Copacabana Palace’

有名ですが、まだ観ぬ映画ってけっこうあります。

観るタイミング逃した、後で観ようと思っている・・・などはまだよいです。

作品として発売されていないのが一番困るわけです。

まぼろしの映画『Copacabana Palace’』(1962伊・仏・伯合作)

前から不思議なんですが、なぜこれDVDでないんでしょ?

Gilberto, Jobim and Bonfa at the beach by Loronix

↑若き日のルイス・ボンファ、ジョアン・ジルベルトとアントニオ・カルロス・.ジョビンです。

先日この映画観たって人にあいました。うらやましい・・・

内容は特にすばらしいわけではないとのことですが、音楽シーンが見所結構あるらしいのです。

以前このブログで書いたネタの『映画 Garota de Ipanema/Girl from Ipanema』と同様にどうにかならないかと切に願う作品です。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ←ランキングに参加しています。一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ←こちらもぽちりとお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Um Abraço No Bonfá ボンファに捧ぐ

ジョアン・ジルベルトが題名の通り、ルイス・ボンファに捧げた曲。

俗にいうインストゥルメンタルです。

個人的にはかなり好きな曲です。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ←ランキングに参加しています。一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ←こちらもぽちりとお願いします!

続きを読む "Um Abraço No Bonfá ボンファに捧ぐ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Manhã de Carnaval カーニヴァルの朝

言わずと知れた映画『黒いオルフェ(Orfeu Negro)』のメイン・テーマ。

ルイス・ボンファとアントニオ・マリアの共作。

Manha de Carnaval from Black Orpheus

『ウィキペディア(Wikipedia)』より
黒いオルフェ(ポルトガル語:Orfeu Negro)は、マルセル・カミュ監督のフランス・ブラジル・イタリア合作映画。

1959年公開。同年の第12回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール、アカデミー賞では外国語映画賞を受賞した。フランス語版とポルトガル語版の2通りがある。

ヴィニシウス・ヂ・モライスによる1956年の戯曲「オルフェウ・ダ・コンセイサゥン」を映画化したもので、ギリシア神話のオルペウスとエウリュディケの物語の舞台を、カーニバルで盛り上がる公開当時のブラジル、リオデジャネイロに移している。アントニオ・カルロス・ジョビン(Antônio Carlos Jobim)の手がけたサウンドトラックにはルイス・ボンファ(Luiz Bonfá)による「カーニバルの朝」をはじめとしたボサノヴァの古典的名曲が含まれている。

またサンバ歌手・作曲家として知られるカルトーラがワンシーンだけ出演、また撮影時には妻のジカともども雑用として雇われたことで知られる。

1999年、ブラジルの映画監督であるカルロス・ヂエギスにより「オルフェ」として再び製作された。なおヂエギス自身は、本作品のリメイクと言われることを強く否定し、まったく新しい作品として仕上げたとコメントしている。またヂエギス作品の音楽を担当したミュージシャンのカエターノ・ヴェローゾも「黒いオルフェは、単純な悲恋物語に終始して、ヴィニシウス原作にあったブラジルやファヴェーラの本質を描いていない、したがってブラジル人はまったく評価していない」などと述べている。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ←ランキングに参加しています。一日一回、ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ←こちらもぽちりとお願いします!

続きを読む "Manhã de Carnaval カーニヴァルの朝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Adriana Calcanhoto 関連 | Antonio Carlos Jobim 関連 | Ary Barroso 関連 | Astrud Gilberto 関連 | Baden Powell 関連 | Bebel Gilberto 関連 | Bossacucanova 関連 | Caetano Veloso 関連 | Carlos Lyra 関連 | Chico Buarque 関連 | Dick Farney 関連 | Dorival Caymmi 関連 | Edu Lobo 関連 | Elis Regina 関連 | Fernanda Takai 関連 | Gal Costa 関連 | Geraldo Vandré関連 | Gilberto Gil 関連 | Ivan Lins 関連 | johnny alf 関連 | Jorge Ben 関連 | Joyce 関連 | João Donato 関連 | João Gilberto 関連 | Karen関連 | Lucio Alves 関連 | Luiz Bonfá 関連 | Marcos Valle 関連 | Maria Bethânia 関連 | Maria Rita 関連 | Marisa Monte 関連 | Maysa 関連 | Milton Nascimento 関連 | MPB4 関連 | naomi & goro 関連 | Nara Leão 関連 | Noel Rose 関連 | Novos Baianos 関連 | Os Cariocas 関連 | Paulinho da Viola関連 | Pixinguinha 関連 | Quarteto em Cy 関連 | Rita Lee関連 | Roberta Sá 関連 | Roberto Carlos関連 | Roberto Menescal 関連 | Rosa Passos 関連 | Seu Jorge 関連 | Sylvia Telles 関連 | Sérgio Mendes 関連 | Tamba Trio 関連 | Toquinho 関連 | Vinicius de Moraes 関連 | アニメ・コミック | グルメ・クッキング | スポーツ | ブラジルネタ | ペット | ボサノヴァ・サンバ・MPB(A~E) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(F~J) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(K~O) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(P~T) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(U~Z) | ボサノヴァ・サンバ・MPB(その他) | ボサノヴァ(Chega de Saudadeについて) | 中村 善郎 関連 | 小野リサ 関連 | 山本 のりこ 関連 | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 美容・コスメ | 臼田 道成 関連 | 趣味 | 音楽(その他)